日本の伝統色に染められた美濃和紙を筆文字ポチ袋に仕上げました。
閉じる
日本の伝統色に染められた美濃和紙を筆文字ポチ袋に仕上げました。

営業日

2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
は定休日です。お客様対応及び発送は行いません。
営業時間は8:30-17:30です。

インクジェットで作る 耳付き名刺

販売価格 990円(税込)
数量

インクジェットでつくる耳付き名刺
特殊加工により、薄くなった部分を折り曲げてちぎると簡単に耳付きの名刺が作れます。
両面に平滑性を持たせてありますので、インクジェットプリンターで両面印刷ができます。
名刺のほかにも、メッセージカード・プライスカード・チケットとしてもご使用いただけます。

*名前を印刷して、ちぎっています。
※背面給紙のインクジェットプリンターをご使用ください。
(前面トレーからでは給紙できない可能性があります。)

Wordで名刺を作る方法
【手順】
1. Wordを起動し、[差し込み文書]タブ→[ラベル]をクリックします。
2. [宛名ラベル作成]画面が開くので、[ラベル]タブをクリックし、下にある[オプション]ボタンをクリックします。
3. [ラベルオプション]画面が開くので、[ラベルの製造元(V)]は「Microsoft」のままで、[製品番号(U)]を「東アジアサイズ」([ラベル情報]に、[種類:名刺(日本サイズ)高さ:55mm 幅:91mm 用紙サイズ:210mm×296.9mm]と表記される方を選択)をあらかじめ指定してから、[新しいラベル(N)]ボタンをクリックします。

4. [ラベルオプション]画面で、下記の通りすべて入力をし、下の[OK]ボタンをクリックします。 [ラベル名(L)]→「名刺 10×2」 
[上余白(T)]→「6mm」 
[横余白(S)]→「13mm」 
[垂直方向の間隔(V)]→「57mm」 
[水平方向の間隔(O)]→「92mm」 
[ラベルの高さ(E)]→「57mm」
[ラベルの幅(W)]→「92mm」 
[列数(A)]→「2」
[行数(D)]→「5」
5. [ラベルオプション]画面で、[ラベルの製造元(V)]が[その他/ユーザー設定]となっており、[製造番号] が指定した名前になっていることを確認し、下の[OK]ボタンをクリックします。
6. [宛名ラベル作成]画面に戻るので、[ラベル]部分が指定した名前になっていることを確認し、下の[新規文書(D)]ボタンをクリックします。
7. 次に、名刺用紙サイズと全く同じ『枠』が画面に表示されます。(もし枠が表示されていなければ、「表ツール」→「レイアウト」タブの[グリット線の表示]をクリックすると表示されます。)
※枠は印刷されません。
8. 左上にある名刺1枚分にだけ[テキストボックス]や[画像]を使用してデータを入力し完成させます。 ※文字は直接入力はせず[テキストボックス]を使って入力します。
9. 入力が完了したら、[差し込み文書]タブ→[ラベル]をクリックします。
10. [すべてのラベルに印刷する(E)]をチェックし、表示された画面で、[ラベル]タブの下にある[新規文書]をクリックします。
11. すべての枠に作成した名刺がコピーされた新規文書が開くので[名前を付けて保存]し、インクジェットプリンターに用紙をセットし印刷してください。

Valiation

バリエーション

生成

GD01 1袋(3枚入)
用紙サイズ/A4(210mm×297mm)
名刺サイズ/57mm×92mm*30枚分

月桃

GD02 1袋(3枚入)
用紙サイズ/A4(210mm×297mm)
名刺サイズ/57mm×92mm*30枚分

白・ラメ入

GD04 1袋(3枚入)
用紙サイズ/A4(210mm×297mm)
名刺サイズ/57mm×92mm*30枚分

生成・杉皮

GD05 1袋(3枚入)
用紙サイズ/A4(210mm×297mm)
名刺サイズ/57mm×92mm*30枚分

ページトップに戻る